偶像を捨てたら、もっと良い物が与えられた  K.K.


   私は、教会に通い始めて13年程になります。この間に多くの恵み祝福を受けてきました。

   私が、教会に行くきっかけとなったのは、子供のPTAの役員で知り合った方がクリスチャンだったことです。

  家が近いこともあり遊びに行くことも多く、行くたびに神様の話をよく聞かされました。そして、牧師宅の集会に

  誘われていった時に祈りの中で牧師が「この中にマリアに関するものを持っている方がいます。その方はそれを処

  分するように」と語られました。それは、神様からの知恵知識の言葉でした。

   私は、マリア像を刻んだペンダントを持っていたので、集会が終わった後そのことを話すと「きっとあなたのこ

  とだと思う。それを捨てたら、もっといい物がきますよ。」と言われました。それは、私が持っているものの中で

  一番良い物で惜しい気もしましたが、良くないと言われたらなんとなく気持ちが悪いので帰ってすぐに捨てました。

   その次の日だったと思いますが、夫から「仕事先でもらったから」と真珠2粒と工賃を添えて、貰ったのです。

  結婚してからプレゼントなどもらった事が無かったので、驚いて嬉しくもありましたが、「捨てたらもっといい物

  が来ますよ。」と語られた事が現実に起こったことにもっと驚き、本当に神様はいるのかも知れないと思いました。

  今まで誘われていくつかの宗教にも関わった事がありましたが、この神様は、今までとは違うと感じ、教会に行き

  始め現在に至っています。

    また、偶像は良くない事を聞いてから、家にあるお守りやお札とか思い当たる物は、全部捨てました。中でも

  雛人形のセットの処分は決断が要りました。娘が生まれて、娘のためと言うより、私が欲しくて買ったようなもので

  した。とても気に入って、嬉しくて毎年飾っていました。でも、これも偶像になるということで、「えー、これもー」

  と思いましたが、思い切って捨てました。それから後、まず娘が救われたのです。神様が祝福してくださったと思い

  ます。

    「捨てなさい」と語られ捨てることを通して、神様はこの小さな聞き従いに対して大きな恵み祝福を与えてくだ

  さいました。この神様に信頼して歩んで行こうと思います。神様に感謝します。

↑ページトップへ

↑ページトップへ