祈ったら、仕事が祝福された  K.T.


 今年に入り、私の務めている会社の売上がガクンと落ちた時期がありました。ベトナムの洪水の影響もあったのですが、

他にも様々なマイナス要因が重なってしまったのです。社員はそれまで残業ばかり続いていたので、「もっと休みが欲しい。」

とか「残業、だれか変わってくれー。」と言っていたのに、その月は一変してしまいました。

「君の残業、僕が代わりに入ってあげるよ。」と180度態度が変わっている社員もいて、しかし、それも仕方ないと思える

くらい生活を左右するほどの厳しい状況でした。

 

  私は神様を知っていましたので、神様にお祈りしました。こういう時は必死になりますが、新車を購入していたので、

余計に力が入りました。「売上が少なくなってしまいました。この状況が許されたことを感謝します。どうぞ私の会社の

仕事を祝福してください。」と。

 

 その翌月から長期ではありませんが、スポットの仕事が増えてきました。そして今月に入り、スポットと長期の両方の

仕事が増えてきました。

 全ての加工品は大体注文の総数量がロット(規格)により決まっています。今月受注した一点は、初回にいきなりロット

匹敵する数の注文が入り、これきりかなと思っていましたら、数週間後にまた同じ数の注文が舞い込んできたのです。

担当者も驚き、「何故だろう?売れているのか?ヒット商品なのかな?」と嬉しい悲鳴をあげていました。

 

 神様が祈りに答えて下さり、仕事を祝福して下さったと確信する出来事でした。

 神様はいつもともにいて、生活も仕事も支えて下さっています。神様のあわれみと祝福を感謝します。


↑ページトップへ