サッカークラブに入りたい願いがかなえられた。  S.T.

 4年前は、倭士(やまと)君が我が家では一番信仰的でした。
 私は、倭士君のお陰で「お母さん、聖書は朝晩読むんだよ。」とか「一緒に◯◯のことでお祈りして。」とか

「やすらぎのCDかけて」とか「どこどこが痛いから、治るようにお祈りして。」とか、倭士君がきっかけで
イエスさまとの距離が縮んでいきました。
 倭士君の存在そのものが奇跡的なことの一つなのですが、神様の導きと計画は本当に素晴らしいと思いました。
 その頃から、明らかに神様だ。神様でないとありえない現実だとわかりだしたのです。

 

 倭士君がある日、「僕、サッカーを習いたい。」と言ってきました。正直、運動神経的にも向いているとは思えず、

調べたら、遠かったり、金額が高かったり、土日は必ず行かなければならなかったり、と非常に厳しい状況でした。

すると、「今日、CS(教会の子どもクラス)で『神にとって不可能なことはひとつもありません。(ルカ1:37)』

って習ったから、僕は必ずサッカーできるよ!!だから祈ってね。」と言われ、半年くらい2人で祈っていました。

そんな中で大阪に転校することになり、大阪でも条件は余り変わらず、学校も遠く難しい状況でした。

 ところが、ある日、放課後を利用する「あそぼう会」に参加したところ、その監督が小学校の創設32年のサッカー

クラブの監督で、クラブとは別に情操教育と挨拶を重視するサッカーチームを半年くらい前から始めていたとわかり

ました。監督はJリーガーのOBで、一緒に教えてくれるコーチも大学生も後輩でセミプロの人達でした。

 練習は火曜か木曜で、2日とも行っても良く、練習会場は家から5分くらいの運動公園で、しかも親の付き添いは

一切必要なし。週2日行って月謝は3000円です。

 今まで調べた中で、そんな都合のいいサッカーチームはなかったのですが、私たちの祈った条件を全てクリヤー

していました。2人で大喜びで栄光を神様にお返ししました。

 本当に主は生きておられ、私たちにもわかるように教えて下さいます。本当に素晴らしいと思いました。


 

↑ページトップへ