感謝の祈りで、向こうから連絡が入った  H.Y.

私はコンサートのことで、ある商業施設に会場を借りるための連絡を頼まれていました。
それで、電話したのですが、1日目は担当者が3日間休暇ということでした。次に、日を改めて電話しました。
今度は打ち合わせ中で出られませんでした。その日は晩まで待ったのですが、向こうからの連絡は入りませんでした。

コンサートは神様が導かれたのだから連絡つかないのはオカシイと思いました。
あまりに連絡できないので、妨げがあるのかと思い「そうだ!私は
感謝の祈りしなくては。。。と気づきました。

それで、担当者に連絡できないことを感謝しました。何回も電話してるのに連絡できないこと。
去年コンサートしてるのに、電話口に出た人には「音楽関係は○○楽器さんに連絡してから、、、」と言われたこと。
思いつく限り感謝して、家族の見てない所で
感謝のダンスをしました。
(聖書には「踊り上がって喜びなさい」と書いてあります)

すると、お祈りした翌朝、休日だと聞いていたのに、担当者さん本人から電話がかかってきたのです!!
「ええっ!お休みじゃなかったんですか?」
「そうですけど、電話しました。よければ、日程だけでもおさえさせてください。土曜がいいですか。日曜日も空いてますが。」
と聞いてくれました。

通常、その会場は平日しか貸し出ししていません。
でも、担当者さんが私たちに
お客さんのよく来る土日を提供してくれたのです。
主に感謝します。神様がコンサート会場を開いてくださいました。

↑ページトップへ