私たちの教会には、賛美、いやし、賜物、宣教、女性が用いられる、孤児院、リバイバルの召しがあります。

■リバイバルの召しがある教会です

「もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。」 ハバクク書2:3


リバイバル(白馬キャンプ聖会 )
リバイバルと終末の召しを受け、リバイバルに向かって歩んでいる教会です。


■海外宣教を行っている教会です
「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。」 マルコの福音書16:15


海外宣教(エルサレム)
主の十字架クリスチャンセンターは、イスラエル宣教を中心として、世界宣教の召しが与えられています。
現在アジア、アフリカ、北米、南米に長期宣教師を派遣しています。
そして全世界へ、短期チーム派遣を行っています。

海外宣教に重荷のある方々が、学びと訓練が受けられる、神学校もあります。

 


■女性が用いられる教会です


女性が用いられる(シオンの山大阪教会 礼拝)
主の十字架クリスチャンセンターでは、現在女性牧師40名以上、宣教師10名以上の女性が活躍しています。

 

■いやしの教会です
「彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」 イザヤ書53:5


いやし(癒しの祈リ)
主の十字架クリスチャンセンターでは、教会を通して、ガンをはじめ多くの難病の方々がいやされています。
神のいやしを信じ、祈りで実践している教会です。

 


■賜物を用いる教会です
「愛を追い求めなさい。また、御霊の賜物特に預言することを熱心に求めなさい。」 Ⅰコリント人への手紙14:1


賜物を用いる(白馬スネルゴイキャンプ)
預言、いやしの賜物を実践で用いると共に、9つの全ての賜物を求め訓練している教会です。
賜物についての学びと、実践の訓練を受けることができます。


■賛美の教会です
「けれども、あなたは聖であられ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます。」 詩篇22:3


賛美(関西合同賛美隊-スプレンダー)
新しいゴスペルで礼拝しています。賛美チームが慰問や、コンサート活動を活発に行い、海外でも賛美の奉仕を行っています。
新しいゴスペルの作詞作曲、CD制作などに多くの方々が参加している教会です。

 


■孤児院の働きを支援している教会です
「子供たちを、わたしのところに来させなさい。」 マルコの福音書10:14


孤児院の働き(フィリピン孤児院の子どもたち)
主の十字架クリスチャンセンターでは、孤児院の働きを支援しています。
現在、カンボジア、ザンビア、ブラジル、フィリピンに孤児院があります。

孤児院の視察旅行や、孤児院で働きたい方が学べる神学校もあります。

また、孤児院のためのパートナー募集や、チャリティーコンサートなどでも支援しています。


↑ページトップへ